メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

安保法施行 自衛隊、新任務先送り

 安全保障関連法が29日、施行された。昨年の通常国会で成立を急いだ政府・与党は、実際に自衛隊の任務を拡大する段階になって慎重姿勢に転じている。関連法という「器」はできても、自衛隊を実際にどう運用するかが明確にならず、夏の参院選への影響を避けたい政権の思惑ばかりが先行する現状では、国民の理解が進むはずもない。【村尾哲、町田徳丈】

この記事は有料記事です。

残り1900文字(全文2064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです