メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

転機

NTTコミュニケーションズ社長・庄司哲也さん ドイツ赴任中、市場激変 迅速対応の重要性知る

NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長=工藤昭久撮影

 旧日本電信電話公社(現NTT)に1977年に入社し、85年の民営化の際は、国会議員や官庁との調整に奔走した。民営化後にNTTは海外展開を積極化したことから、91年にドイツに赴任することになった。

 <欧米などで国境を超えた通信会社の競争が激しさを増していた。ドイツ、イギリス、フランスの3カ国の大手通信会社は、米大手に対抗するために提携を検討し、アジアへの進出も視野にNTTに参加を呼び掛けた。>

 ドイツ赴任はドイツテレコムなどとの提携に向けて現地法人を設立し、関係を強化することが狙いだった。日…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1138文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです