メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

携帯

「2年縛り」見直し 支払総額増えるケースも

[PR]

 携帯大手3社が、契約を途中解約する利用者に高額な違約金を課す「2年縛り」プランの見直しを始める。KDDI(au)とソフトバンクは6月から違約金なしで解約できる新料金プランを導入し、NTTドコモも追随する見通し。他社や格安スマートフォンに乗り換えやすくなりそうだ。ただ、新プランは基本料金が割高に設定されており、契約期間が長くなると現行プランより支払総額が増えるケースもあり、どの程度の利用者が選択するかは不透明だ。

     携帯3社が提供している現行の「2年縛り」プランは、基本料金が安く設定されているかわりに、2年ごとの無料解除期間以外に解約すると、違約金として9500円支払う必要がある。「2年縛り」は一度契約すると解約の申し出をしない限り自動的に更新される。このため、違約金は事実上、顧客囲い込み策ともなっており、利用者からは「乗り換えの障害だ」との批判が出ていた。通信サービスのあり方を検討していた総務省の有識者会議が昨夏、「2年縛り」の是正を求める報告書をまとめたことを受けて、携帯3社は是正策を検討していた。

     KDDIとソフトバンクが導入する新プランは、契約から2年(24カ月)を過ぎた3年目以降は違約金なしでいつでも解約できる。ただ、月額基本料金は、現行の「2年縛り」プランより300円高くなり、通話し放題の月額2700円プランは月額3000円となる。

     このため、新プランの契約には注意が必要だ。契約から2年8カ月(32カ月)目で、基本料金の差額の合計が9600円となり、違約金の9500円を超えてしまう。他社への乗り換えを視野に入れて新プランを契約する場合、損をしないためには、契約後の27〜31カ月目に解約することが必要だ。また「2年縛り」プランを契約中で、契約から25〜26カ月目にくる無料解除期間まで乗り換えを待てる利用者は、あえて新プランを契約するメリットはない。調査会社MM総研の横田英明研究部長は「選択肢を増やした点は評価できるが、使い方によっては利用者が損をするケースもあり、実際に新プランを選ぶ利用者は限られるだろう。利用者の動向を踏まえ、携帯各社が新たな解約しやすいプランを打ち出すべきだ」と指摘する。【工藤昭久】

     【ことば】2年縛り

     2年契約を前提に料金を割り引く携帯電話の契約方式で、携帯大手3社がそろって導入している。契約満了後に無料で解約できる一定期間以外で解約すると9500円の違約金の支払いが必要となる。そのため、他社への乗り換えを防いで、顧客の囲い込み策になっている面があり「2年縛り」と呼ばれている。携帯3社は批判を受けて、無料で解約できる期間を従来の1カ月間から2カ月間に延ばすことを決めている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

    4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです