中国

「日本は危険な道へ」 安保法施行前に警戒感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・石原聖】安全保障関連法の施行を前に、中国外務省の洪磊(こうらい)副報道局長は28日の定例会見で「日本は歴史の教訓をくみ取って平和発展の道を歩み、軍事安全政策上の行いを慎重にするよう希望する」と述べ、警戒感を示した。

 洪副局長は「アジアの隣国と国際社会が懸念を表明してきたのは歴史的な原因のためだ」と指摘。「隣国との相互信頼の増…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集