宮内庁

陵墓調査で方針転換 地元教委と協力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大仙陵古墳(仁徳天皇陵)=堺市堺区で2015年7月、本社ヘリから川平愛撮影
大仙陵古墳(仁徳天皇陵)=堺市堺区で2015年7月、本社ヘリから川平愛撮影

 歴代の天皇や皇族の陵墓の保全管理に伴う調査について宮内庁は28日、単独で実施してきた前例を転換し、新年度から陵墓のある自治体の教育委員会や考古学研究者に協力を要請する方針を示した。調査の成果は地元教委と共同で発表し、幅広く国民に伝える。

 同庁は、歴代の天皇や皇后、皇太后などを埋葬した場所を「陵」、それ以外の皇族は「墓」として管理し、総数は898基に上る。研…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集