メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

プロ野球監督・コーチの出身大1位 明治大

[PR]

 プロ野球が開幕した。今年は巨人、阪神など5球団で新監督が指揮を執る。そこで、監督・コーチ陣の出身大学を調べてみた。

     12球団の監督・コーチ計235人中、大卒は102人。上位には青学大、亜細亜大など東都大学野球加盟校が並び、東京六大学は明大、法大のみ。トップの明大は野球部出身者のネットワークの強さで知られ、ランキングとは関係ないが、コミッショナーの熊崎勝彦氏も同大出身。大卒監督はヤクルト・真中満(日大)、阪神・金本知憲(東北福祉大)、巨人・高橋由伸(慶大)、日本ハム・栗山英樹(東京学芸大)の4人だ。

     支配下登録選手の出身大トップ3は早大(18人)、明大(16人)、亜細亜大(15人)。現在、監督・コーチで早大出身者はゼロだが、今後、増えていきそうだ。(敬称略)【毎日新聞大学センター長・中根正義】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

    5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです