メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光二荒山神社

「発祥」の別宮・本宮を「開運の地」として整備 開山1250年をPR /栃木

日光二荒山神社の別宮・本宮神社本殿(奥)と拝殿=日光市山内で

 日光の開祖・勝道上人(しょうどうしょうにん)(735〜817)による日光開山1250年の今年、日光市山内の日光二荒山神社は同神社発祥の別宮・本宮神社を「開運の地」としてPRするため、境内の整備を進めている。観光客が訪れやすくなる仕掛けを施し、勝道上人が男体山登頂を成し遂げたゆかりの場所を前面に打ち出す。【花野井誠】

 日光二荒山神社によると、杉木立に覆われた本宮神社境内を枝打ちして明るくし、案内板も新調する。5月の…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです