メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

立命館大学4年・久幾田文章さん /京都

 府警少年課の依頼を受け、インターネットに接続できるスマートフォンや携帯ゲーム機などの危険性を、小学生向けの漫画にした。「府警とのすりあわせの時期が一番大変だった。作品になり本当にうれしい」と話す。大学を卒業し、4月からはプロの漫画家として歩み出す。

 漫画家になりたいと思ったのは17歳の夏。受験勉強をしたくなくて、漫画を書いては出版各社の賞に応募した。だが、夢はかなわなかった。立命館大に入学すると、プロの漫画家も生んだ大学の漫画研究会に入った。

 府警は実例を基に4編の筋書きを作り、昨年4月に漫研に漫画製作を要請し、4人がそれぞれ1編ずつ担当することになった。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです