メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オムケ

ノロの祭祀、集落安泰など祈願 奄美・大和村 /鹿児島

白衣のノロがカミクチを唱えて神を迎え、集落の安泰を祈願した祭祀「オムケ」

 奄美地方に琉球王朝時代から伝わるノロ(女性神職)の祭祀(さいし)「オムケ」が18日、大和村の大棚集落であった。3人のノロがトネヤと呼ばれる祭場で南方から神を迎え、集落の安泰や集落民の健康を祈った。

 ノロは、琉球王朝が15〜16世紀初頭、宗教的な支配体制をつくるために奄美各地で任命したとされ、集落の祭事をつかさどった。薩摩藩の琉球侵攻(1609年)後も続いたが、近年は各地で残っていた祭祀…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです