メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ヘイトスピーチの横行

人種差別的言動、法規制どこまで

大勢の警察官に囲まれる中で「朝鮮人をたたき出せ」などと叫びながら歩くヘイトスピーチデモの一団=川崎市川崎区で2016年1月31日、後藤由耶撮影

 人種差別的な言動を街頭で繰り広げるヘイトスピーチが続いている。民主(現・民進)、社民両党などは人種、民族を理由とした差別的取り扱いや言動を禁じる「人種差別撤廃施策推進法案」を国会に提出し、参院法務委員会で審議されている。ただ、禁じる範囲を明確にすることは難しく、憲法が保障する「表現の自由」を侵害しかねないとの議論もある。自民、公明両党は対案として関連法案を今国会に提出する方針を明らかにした。【和田武士】

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文1919文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです