メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチの横行

人種差別的言動、法規制どこまで

大勢の警察官に囲まれる中で「朝鮮人をたたき出せ」などと叫びながら歩くヘイトスピーチデモの一団=川崎市川崎区で2016年1月31日、後藤由耶撮影

 人種差別的な言動を街頭で繰り広げるヘイトスピーチが続いている。民主(現・民進)、社民両党などは人種、民族を理由とした差別的取り扱いや言動を禁じる「人種差別撤廃施策推進法案」を国会に提出し、参院法務委員会で審議されている。ただ、禁じる範囲を明確にすることは難しく、憲法が保障する「表現の自由」を侵害しかねないとの議論もある。自民、公明両党は対案として関連法案を今国会に提出する方針を明らかにした。【和田武士】

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文1919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです