メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ecoなお仕事

フェアトレードカンパニー・松本理代さん

ケニアの小規模農家の手作りジャムやハーブティーを紹介する松本さん=足立旬子撮影

生産者の生活と品質、両立へ 松本理代さん(32)

 「ケニアの生産者と一つ一つ話し合い、商品化したマンゴージャム。たっぷりの果肉と自然の甘さが魅力です」

 かわいらしいラベルが印象的な瓶詰のジャムを手に、「フェアトレードカンパニー」(東京都世田谷区)の松本理代さん(32)は笑顔で話す。

 岩手県奥州市出身。大学で国際関係を学び、サークルで途上国の生産者を支援するフェアトレードにかかわった。食品を輸出入する専門商社で働いたが、本格的にフェアトレードに携わりたいとの思いが強くなり、28歳のときに転職した。

 同社は、アジア、アフリカなどの途上国13カ国で活動する約150団体と共同で、自然素材や伝統技術を生…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです