安保法

大阪府知事「核武装も議論を」 「最終兵器必要」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松井一郎・大阪府知事=加古信志撮影
松井一郎・大阪府知事=加古信志撮影

 おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は29日、「完璧な集団的自衛権の方向にいくか、自国で全て賄える軍隊を備えるのか、今こそ政治家が議論しなければならない」と述べた。その上で「自国で武力を持つなら最終兵器が必要になる」とし、安全保障環境次第では日本の核武装も議論の対象にすべきだとの考えを示し…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

あわせて読みたい

ニュース特集