メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿蘇ミルク牧場

子ヒツジ、みんなで日なたぼっこ

日なたで集まって眠るヒツジの赤ちゃん=熊本県西原村で、津村豊和撮影

 集まって日なたぼっこ−−。熊本県西原村の「阿蘇ミルク牧場」で、冬に生まれた子ヒツジたちが人気を呼んでいる。

 ヒツジのメスは毎年1月下旬〜3月上旬に1、2匹を生む。体重2〜3キロで生まれると、母乳を飲み1カ月で体重が2倍ほどになり、約2年かけて大人になるという。

 今年生まれた14匹は、日なたで体を寄せ…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです