メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進・岡田代表

「『谷垣首相』なら違う」現政権を批判

自民党控室を訪れ、谷垣禎一幹事長(右)と握手する岡田克也民進党代表(左)=国会内で2016年3月29日、藤井太郎撮影

 民進党の岡田克也代表ら執行部が29日、国会内で各党幹部にあいさつ回りした。岡田氏は、リベラル色の強い自民の谷垣禎一幹事長と公明の山口那津男代表への親近感を強調する一方、「安倍晋三首相はかなり危ない」と厳しく批判した。

 自民党では、首相への対決姿勢をあらわにしたものの、「『谷垣首相』なら違います」と…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです