ほっともっと

店長の遺族が損賠提訴…自殺は過労が原因

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 弁当チェーン「ほっともっと」店長の男性(当時30歳)が2011年に自殺したのは過重労働が原因として、長野市などの男性の遺族が29日、チェーン運営会社「プレナス」(福岡市)に対し、逸失利益など9300万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。

 訴えでは、男性は三重県内の2店舗の店長だった11年4月以…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

あわせて読みたい

注目の特集