九州新幹線長崎ルート

「リレー方式」で開業合意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州新幹線長崎ルート(博多−長崎)について、国や長崎、佐賀両県などの関係6者は29日、新幹線と在来線特急を武雄温泉駅(佐賀県)で乗り継ぐ「リレー方式」により、2022年度までに開業させることで正式合意した。

 JR九州などを含む6者が福岡市で合意文書を交わした。合意では、武雄温泉駅での乗り換えは同一ホームでの対面式とし、同駅改修などに必要な約70億円については、長崎、佐賀両県の負担をなくす。両県がJRから購入を予定し…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集