メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生SP首位発進 宇野は4位

 【ボストン(米マサチューセッツ州)田中義郎】フィギュアスケートの世界選手権が30日(日本時間同日深夜)に当地で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で2季ぶりの優勝を狙う羽生結弦(ANA)が110・56点を出し、自身が昨年12月のグランプリファイナルで出した110・95点の世界歴代最高得点に迫る高得点で首位発進した。初出場の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)は90・74点で4位だった。

 大会連覇を狙うハビエル・フェルナンデス(スペイン)は98・52点の2位、2月の4大陸選手権を制した…

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです