メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生SP首位発進 宇野は4位

 【ボストン(米マサチューセッツ州)田中義郎】フィギュアスケートの世界選手権が30日(日本時間同日深夜)に当地で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で2季ぶりの優勝を狙う羽生結弦(ANA)が110・56点を出し、自身が昨年12月のグランプリファイナルで出した110・95点の世界歴代最高得点に迫る高得点で首位発進した。初出場の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)は90・74点で4位だった。

 大会連覇を狙うハビエル・フェルナンデス(スペイン)は98・52点の2位、2月の4大陸選手権を制した…

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです