メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊外食倶楽部

トレ女の旬グルメ 意外といける?「昆虫食」 /東京

 「昆虫食」が注目されている。思わず眉をひそめたくなる食材だが、意外と女子の評価が高いと聞いた。本当に旬なのか。「トレンド女子」(トレ女)が調査した。【ぐるなび・鈴木裕美】

 注目の食材とはいえ、昆虫に抵抗がないわけではない。まして口にするなんて。でも、日本にはイナゴや蜂の子を伝統食にしている地域がある。世界でもアジア、アフリカ、南米などで1900種類以上の昆虫が食べられ、20億人以上の食生活の一部になっているという。

 うんちくはさておき、昆虫食を求めて、東京・高田馬場の居酒屋「米とサーカス」を訪れた。5年前のオープン当初から、看板メニューはジビエ肉。定番のシカやイノシシに加えて、ダチョウやカンガルーの肉、イナゴや蜂の子も扱っている。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです