メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧日本海軍

平和教える、戦死の叔父 給糧艦「間宮」元乗組員と対面 魚雷攻撃の様子知る 紀南広域 /三重

給糧艦「間宮」と運命を共にした乗組員の写真を手に語り合う元乗組員の山崎正さん(左)と遺族の桑原紘市さん=三重県御浜町阿田和の山崎さん宅で、汐崎信之撮影

 旧日本海軍で食糧補給に活躍した給糧艦「間宮」(1万5820トン)に乗り、1944年12月の沈没で死亡した乗組員の親族が30日、御浜町在住の元乗組員を訪ねた。死亡した乗組員のおいに当たる親族は72年前の米軍潜水艦の魚雷攻撃の様子を聞き、平和の大切さを感じていた。【汐崎信之】

 元乗組員は御浜町阿田和の元会社員、山崎正さん(88)で沈没時は17歳。親族は熊野市飛鳥町小阪出身で尾鷲市坂場西町の元県職員、桑原紘市さん(75)。亡くなった叔父の重蔵さんは16歳だった。

 熊野地域の戦争遺跡を研究する同市久生屋町の元県職員、杉谷俊明さん(71)の仲介で実現。間宮は乗員約…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文658文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです