メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須磨海浜水族園のなかまたち

カッコウナマズの「托卵」 /兵庫

安全な子育ては優秀な相手に

 まだまだ手の掛かる小さなわが子がいるけれど、どうしても手が足りない時は、ベビーシッターにお願いすることも一つの手です。その場合は、しっかりとした相手を選ぶでしょうし、ましてや他の生物に預けるという選択肢はないでしょう。しかし、自然界には、大切なわが子を別の生物に預けて子育てをさせてしまうという、変わった習性をもつものがいます。このような習性を「托卵(たくらん)」と呼び、鳥類ではカッコウがモズなどに、魚類ではタナゴ類が二枚貝に卵を産みつけることでよく知られています。

 ここで紹介するアフリカのタンガニイカ湖に生息するカッコウナマズは、口内保育をするシクリッドを托卵相…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです