メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鴻海

シャープ買収決定 出資減、3888億円(その2止) 鴻海、交渉したたか 「買いたたき」シャープ不信感

鴻海精密工業のシャープ買収交渉の経緯

 <1面からつづく>

 ■検証

 鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープ買収の契約延期を表明した翌日の2月26日、シャープの高橋興三社長は中国・広東省に飛び、郭台銘会長に直接会って土壇場の潜在的債務の提出について謝罪した。しかし、鴻海側は「リストの大部分を知らされていなかった」と不信感をあらわにし、態度を硬化させる。

 鴻海とは2012年にシャープへの出資について一度は合意したものの、その後のシャープの株価低迷に伴う出資条件の見直し交渉が破談に終わった経緯がある。「鴻海を快く思わない者が買収受け入れを潰す目的でリストを出したのでは」との臆測も飛び交った。

この記事は有料記事です。

残り2173文字(全文2448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです