メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

不祥事続きのプロ野球 小林至氏

小林至氏=梅村直承撮影

 プロ野球が揺れている。野球賭博問題の拡大や、試合結果に伴う選手間の金銭授受など、金銭感覚や社会常識が問われる問題が開幕直前に相次いで噴出した。選手と球団経営の両方を経験した江戸川大の小林至教授(48)の目に、一連の問題はどう映ったのか。【聞き手・平本泰章、写真・梅村直承】

−−開幕直前に噴出したさまざまな問題をどう見ましたか。

 野球賭博の問題と、自チームの勝敗を巡って円陣などを中心に金銭のやりとりをした問題は別物だと思います。野球賭博は、野球協約でも明確に禁じています。円陣などでの金銭のやりとりは、そこに至るストーリーが全く違う。ただし、賭博ではないとはいえ、プロが金銭を絡めて「士気を高める」のは、ちょっと幼稚ですね。

この記事は有料記事です。

残り2714文字(全文3027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです