特定秘密

遠い指定解除への持ち込み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

衆参両院の情報監視審査会 報告書を各議長に提出

 特定秘密保護法の運用を巡り、衆参両院の情報監視審査会が30日、報告書を各議長に提出した。昨年12月の内閣府の独立公文書管理監と合わせ、特定秘密を監視する機関による初めての報告書が出そろった。制度が始まったばかりで手探り状態なこともあるが、その活動は不適切な秘密指定を見つけ、指定解除に持ち込むにはほど遠い。衆参の審査会は政府に改善を求める「勧告」ができるが、今回は意見を述べただけだった。【青島顕、水脇友輔、高橋克哉】

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文2021文字)

あわせて読みたい

注目の特集