子宮頸がんワクチン

国とメーカー2社へ集団賠償訴訟へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
子宮頸がんワクチン接種後、光に対するまぶしさからサングラスをかけたままの生活が続き、涙ながらに健康被害を語る谷口さん(中央)ら=東京都港区で2016年3月30日午後3時15分、望月亮一撮影
子宮頸がんワクチン接種後、光に対するまぶしさからサングラスをかけたままの生活が続き、涙ながらに健康被害を語る谷口さん(中央)ら=東京都港区で2016年3月30日午後3時15分、望月亮一撮影

接種した後に健康被害 女性4人が記者会見

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した後に健康被害を訴えた17〜21歳の女性4人が30日、東京都内で記者会見し、国とワクチンメーカー2社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を起こす方針を発表した。現段階で計12人が提訴する意向という。今後同様の被害を訴える全国の女性にも参加を呼びかけ、6月以降に全国4地裁に一斉提訴する。

 子宮頸がんワクチンを巡っては、販売開始の2009年12月から14年11月までに接種した約338万人のうち、医師や製薬企業から約2600人の頭痛などの健康被害報告があった。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文968文字)

あわせて読みたい

注目の特集