連載

スケッチ!Sketch

毎日新聞デジタルの「スケッチ!Sketch」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

スケッチ!Sketch

(7)イスラエル、日本のアニメ・漫画ファンのイベント開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 パレスチナとの紛争現場というイメージが強いイスラエルでこのところ、日本のアニメや漫画の人気が高まっている。3月24日、イスラエル各地からアニメファンがキャラクター姿に仮装してエルサレムに結集するというイベント「HARUCON2016」の会場をのぞいてみた。

 「HARUCON」とは、春のコンベンション、の意味で、英語と日本語の造語。主催者は「AMAI」(The Association for Manga and Anime in Israel)という組織だ。代表のオリ・マルコビッチさん(27)によると、AMAIは2008年から、仮装するユダヤ教のお祭り「プリム」(ユダヤ人を虐殺の危機から救った女性エステルの故事に由来するユダヤ教の祭り)に合わせて毎年このイベントを開催していて、今年で9回目になる。参加者は、初回は1300人だったが今年はその3倍近い3500人になった。特別ゲストを招いてのトークショーやサイン会、アニメキャラにふんした手作りの衣装を競うコスプレ・コンテスト、各種ゲーム大会やアニメ関連グッズの販売など盛りだくさんだ。

 今年の特別ゲストは声優、古谷徹さん(62)。古谷さんといえば、「巨人の星」の星飛雄馬や「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ役など大ヒットを飛ばしてきた声優界の大御所。私も中学生のころ、ガンダムを毎週、テレビで見ていた。繊細で多感な少年、アムロの切ない恋心や反抗心、もろさや危うさが古谷さんの声を通じて生き生きと描かれ、従来の強くてマッチョな「単純ヒーロー像」と一線を画す新鮮さが魅力的だった。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文2117文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集