メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

ネットワークの仕組み

コンピューターをつないだ通信 LAN→WAN→インターネット

[PR]

Q、身近で便利! ネットワークの仕組みって?
虎鉄「ついに我が校にも無線WAN(ワン)が導入されましたぞ」 ギョロ星人「WAN?」 虎鉄「ケーブルでつながなくても、パソコンでインターネットが使えるのですぞ」 ギョロ星人「それは間違いギョ。学校なら無線LAN(ラン)ギョロ」 虎鉄「機器系には疎いもので、違いがよく分かりませんな」 ギョロ星人「チンがネットワークについて詳しく解説してやるから、ちゃんと理解するギョロ」
1980年代以降、大学や企業などでパーソナルコンピューター(パソコン)の導入が進みました。 それぞれのパソコン内にあるファイルなどのデータ交換や共有をするため、通信回線で接続したことで始まったのがネットワーク。
学校や会社内など一定の区域内でのネットワークをLAN、同じ企業の各支店のLAN同士をつなぐなど広い範囲でのネットワークをWANといいます。 多数のLANやWANが接続され、世界規模になったものがインターネット。 ギョロ星人「インターネットを接続したい時はプロバイダーと契約を結ぶギョロ」
LANを構成するためにはネットワーク同士を接続するためのルーターなどの機器が必要です。 ギョロ星人「光回線に対応するためにはモデムではなく、ONU(光回線終端装置)という機器が必要ギョロ」
虎鉄「レストランなどでもインターネットが使えて便利ですな」
最も普及しているLANの規格はイーサネット。 この接続形態のほとんどはバス型とスター型です。 バス型とは1本の共有回線の上に複数のコンピューターを接続するもの。 一方、スター型とは集線装置を中心として複数のコンピューターを接続するものです。 ギョロ星人「この他にも、メッシュ型、リング型、ツリー型があるギョロ」
Q、身近で便利! ネットワークの仕組みって? A、ネットワークはコンピューター同士をつないだ通信のことギョ。 多数のLANやWANが接続され、世界規模になったものをインターネットと呼ぶギョロ。 ギョロ星人「ギョロ星に調査報告を送信ギョロロン!」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです