メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン

シリア難民売買で摘発

 【カイロ秋山信一】レバノン治安当局は31日、中部ジュニエで人身売買組織を摘発し、売春を強要されていたシリア人の少女ら75人を解放したことを明らかにした。レバノンには隣国シリアから100万人以上の難民が流入。生活苦に陥った難民の子供たちが人身売買などに巻き込まれる例が続出している。

 レバノンの国営通信によると、治安当局は…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです