メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 女子SP 宮原6位、本郷7位

女子SPで日本勢最高の6位につけた宮原=共同

 【ボストン(米マサチューセッツ州)田中義郎】フィギュアスケートの世界選手権第2日は31日(日本時間1日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、日本勢は前回2位で、今月に大学へ進学する宮原知子(関大)が70・72点で6位につけたのが最高だった。

 本郷理華(邦和スポーツランド)が自己最高を約4点更新する69・89点で7位。浅田真央(中京大)は最初のトリプルアクセル(3回転半)が回転不足となり着氷で両手をつくなどミスがあり65・87点で9位と出遅れた。グレーシー・ゴールド(米国)が76・43点で首位。

 アイスダンスのフリーダンスでは村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)がフリーダンス88・90…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1355文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです