メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 女子SP、日本勢出遅れ 宮原6位、本郷7位、浅田9位

 【ボストン(米マサチューセッツ州)田中義郎】フィギュアスケートの世界選手権第2日は31日(日本時間1日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、前回2位で今月に大学へ進学する宮原知子(関大)は70・72点で6位につけた。本郷理華(邦和スポーツランド)が69・89点で7位。浅田真央(中京大)は最初のトリプルアクセル(3回転半)などでミスがあり、65・87点で9位と出遅れた。グレーシー・ゴールド(米国)が76・43点で首位。5位までを米国勢2人、ロシア勢3人が占めた。

 アイスダンスのフリーダンスでは村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)が88・90点、合計14…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです