メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つれづれに千葉

手をつなぐ /千葉

 県肢体不自由児協会などと毎日新聞千葉支局が共催している「手をつなぐ作品展」は、作文や絵画を通じて、障害のある子もない子もお互いに理解を深めてもらおうという取り組みだ。2015年度で、もう63回を数える。その表彰式で、浦安市立高洲中1年(現2年)の小林想(そう)さんが、県知事賞を受賞した作文「初めての体験」を朗読した。

 手足にまひのある小林さんは、中学生になり、「自分で頑張る経験をしてみよう」と、北海道での約1週間の…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです