メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警視庁

サイバー犯罪対応強化 対策本部新設、人材育成 /東京

 手法が多様化し、被害が後を絶たないサイバー犯罪に対応するため、警視庁は1日、「サイバーセキュリティ対策本部」(本部長・山下史雄副総監)を新設する。2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、専門捜査員の育成や民間企業との連携などを進め、捜査能力の向上を目指す。

 これまで、警視庁のサイバー犯罪捜査は、生活安全部の「サイバー犯罪対策課」や公安部の「サイバー攻撃特別捜査隊」、刑事部の「捜査支援分析センター」などが、事件ごと…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです