メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山内家宝物資料館

21年の歴史に幕 展示物、高知城歴史博物館へ /高知

31日で閉館した土佐山内家宝物資料館と、移転先の県立高知城歴史博物館のパンフレットを持つ渡部淳館長=高知市鷹匠町で、村瀬達男撮影

 県立高知城歴史博物館(高知市追手筋2)の開館準備のため、土佐山内家宝物資料館(同市鷹匠町)が31日、閉館した。既に2015年度は一般向けの展示室を閉じ、書道や古文書の一部講座は隣の会館で開いてきたが、3月末で正式に21年間の歴史に幕を閉じた。

 資料館は、旧土佐藩主・山内家の歴史資料や美術工芸品約6万7000点の保存・公開のため、1995年、県と高知市の共同出資で開館。ただ、国宝「古今和…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです