メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
唐津大使

市出身の篠笛奏者・佐藤和哉さんに 「風土、文化伝えたい」 /佐賀

 唐津市は、同市出身の篠笛(しのぶえ)奏者・佐藤和哉さん(34)=京都市在住=に唐津大使を委嘱した。全国で演奏活動をするなど活躍している佐藤さんに、唐津の魅力を国内外に紹介してもらう。

 唐津大使の委嘱は、同市に関係が深い著名人に美しい自然と風土に育まれた歴史文化観光都市唐津を応援してもらうのが目的。これまでに音楽関係者や料理人などがおり、佐藤さんが6人目。

 佐藤さんは同市に高校まで住んだ。中学2年で唐津くんちの曳山囃子(ばやし)保存会に入り、この時に篠笛…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文659文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです