メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

協力隊のこれから=西川恵

 <kin−gon>

 集団的自衛権の行使が可能となる安全保障関連法が施行されたのと同じ3月29日、日本の途上国援助の実施機関、国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長に「これからのJICAボランティア」と題する提言が渡された。

 JICAボランティアは昨年発足50年を迎えた青年海外協力隊のことで、JICAは昨年6月、外部委員による懇談会を設け「今後、同協力隊はどうあるべきか」の検討を委ねた。私も委員として議論の末端に加わって、感じたことが幾つかある。

 一つは、同協力隊が途上国だけでなく、日本社会にとっても貴重なアクターとなりつつあることだ。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  5. 社説 「桜を見る会」首相答弁 予算委での説明が不可欠

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです