連載

記者の目

最前線の記者がそれぞれの取材テーマを論じます。1976年にスタートした毎日新聞を代表するコーナー。

連載一覧

記者の目

「衆参同日選政局」に物申す=倉重篤郎(論説室)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で答弁する安倍晋三首相=3月11日、藤井太郎撮影
参院本会議で答弁する安倍晋三首相=3月11日、藤井太郎撮影

解散権をもてあそぶな

 衆院の解散権をなぜ「伝家の宝刀」というのか。それは、一振りの下に500人近い選良の首を落とすからである。戦国時代にも、これほど切れ味のいい、血なまぐさい魔剣はなかった。だからこそ、その行使は最高法規・憲法で厳格に規定されている。ただ、最近それを安直に振り回す者がいる。周りに抑える者もいない。危険この上ない。

 永田町を「衆参同日(ダブル)選」という妖怪が闊歩(かっぽ)している。政権側がその可能性を意図的にリーク、野党がそれに過剰反応し、またメディアが喧伝(けんでん)していくうちに肥大化し、その影がまた永田町の人々を右往左往させる、といった具合で急成長してきた。

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1883文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集