メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第74期将棋名人戦七番勝負 5日開幕 対談 羽生名人×欽ちゃん

対談後に握手する萩本欽一さん(左)と羽生善治名人

 第74期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟主催、大和証券グループ協賛)が5日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開幕する。最高峰の舞台で若き挑戦者、佐藤天彦八段(28)との対決に臨む羽生善治名人(45)と、アマチュア五段の腕前の将棋好きで知られ、「コント55号」の結成から今年で50年となるコメディアン、萩本欽一さん(74)が対談した。年齢を重ねる意味、ファンへの思いを語り合った。【構成・最上聡、大井浩一、写真・後藤由耶】

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです