メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

花粉出さないスギを研究

森林総合研究所林木育種センターに並ぶ「少花粉スギ」の原木=茨城県日立市で、渡辺諒撮影

 春先に多い花粉症は、4人に1人が悩まされていると言われる「国民病」だ。その原因を絶とうと、花粉を出さないスギの開発や、花粉を飛ばす雄花を枯らしてしまう研究などが進んでいる。

 ●工夫重ね20年

 森林総合研究所林木育種センター(茨城県日立市)の敷地に、奇妙な形のスギが並ぶ。一般にスギは背が高く、円すい形をしているが、ここの木々は剪定(せんてい)を繰り返しているため、枝がまばらで背も低い。

 「これは、ほとんど花粉を出さないスギの原木。ここから葉を取っては接ぎ木し、都道府県などに出荷してい…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです