日本郵便

採用者から謝礼、郵便局長を懲戒解雇 大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 郵便局長の公募採用試験を巡り、採用者から現金や商品券を受け取ったとして、日本郵便が昨年3月、大阪市内にある郵便局の男性局長(61)を懲戒解雇していたことが分かった。受験のアドバイス料名目だったが、同社近畿支社は「不適切で大変申し訳ない。元局長に合否の判断権限はなく、採用は適正に行われた」としている。

 同支社によると、局長の公募は、各支社が小規模な郵便局(旧特定郵便局)を対象に実施し、書類選考や小論文、面接などがある。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集