ヘイトデモ

参院議員が現場を視察…川崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ヘイトスピーチの標的にされた在日コリアンが多く住む川崎市臨海地域にある商店街を視察する参院法務委員会の委員ら=川崎市川崎区桜本で2016年3月31日午前、後藤由耶撮影
ヘイトスピーチの標的にされた在日コリアンが多く住む川崎市臨海地域にある商店街を視察する参院法務委員会の委員ら=川崎市川崎区桜本で2016年3月31日午前、後藤由耶撮影

 在日コリアンらの排斥を訴え、差別や憎悪をあおるヘイトスピーチを巡り、人種差別を撤廃する法案を審議している参議院法務委員会の議員10人が31日、在日コリアンが多く住み排外的なデモが行われた川崎市川崎区の臨海部を視察した。被害を受けた少年やデモを目撃した商店主らが人権侵害の実態を訴えた。

 「デモの参加者に差別をやめてと伝えたら、大人が指をさして笑った。警察は注意してくれなかった。悔しくて、悲しくて、オモニ(母)が襲われるのではと心配で眠れません」。在日コリアンの母を持つ中根寧生(ねお)君(13)は住民5人…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

あわせて読みたい

ニュース特集