メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道警

身内に甘い処分…ひき逃げや横領、懲戒せず

北海道警本部=袴田貴行撮影

 北海道警が2015年、ひき逃げや横領、傷害など法令違反が疑われる警察官の不祥事案を訓戒処分にとどめていたことが31日、毎日新聞の情報公開請求で分かった。道警はこれらの不祥事を公表せず、毎日新聞の取材にも詳しい内容や刑事処分の有無について説明しなかった。有識者から「処分は甘すぎる」と批判の声が出ている。【袴田貴行、安達恒太郎】

 道警によると、地方公務員法に定められた懲戒処分(免職▽停職▽減給▽戒告)に至らない監督責任や規律違反などについて、内規で「監督上の措置」と位置付け、計6種類の訓戒と注意処分を規定している。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  2. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  3. 中日3連勝 アルモンテの2ラン 平田適時打 勝野が2勝目

  4. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです