特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

決勝で延長サヨナラ勝ち 27年ぶり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高松商−智弁学園】十一回裏智弁学園2死一塁、村上の中越え二塁打でサヨナラ。喜び合う智弁学園の選手たち(捕手・植田響)=阪神甲子園球場で2016年3月31日、津村豊和撮影 拡大
【高松商−智弁学園】十一回裏智弁学園2死一塁、村上の中越え二塁打でサヨナラ。喜び合う智弁学園の選手たち(捕手・植田響)=阪神甲子園球場で2016年3月31日、津村豊和撮影

 第88回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の決勝が31日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、2年ぶり10回目出場の智弁学園(奈良)が、20年ぶり26回目出場の高松商(香川)を延長十一回、2−1のサヨナラで破って春夏通じて初優勝した。1977年春と95年夏の4強が最高だった。

 晴天の下、4万2000人の観衆が集まった。二回に智弁学園が先制し、八回に高松商が追い付いて延長戦に。智弁学園は十一回、村上頌樹(しょうき)投手(3年)の適時打で緊迫の投手戦に終止符を打った。村上投手は全5試合を完投。大会を通じて3失点の快投を見せた。決勝での延長サヨナラ勝ちは第61回大会の東邦(愛知)以来。

 大会本部によると、今大会の総入場者は52万9000人で、球場のリニューアル(2009年)以来最多となった。50万人突破は8年ぶり。高校野球人気に加え、近畿勢が8強に4校残り、好天に恵まれたことなどが観客を集めた。東日本大震災の被災地から21世紀枠で出場した釜石(岩手)が春夏通じて初勝利するなど、話題も多かった。

 閉会式で智弁学園の岡沢智基主将(3年)が、大会会長の朝比奈豊・毎日新聞社社長から紫紺の優勝旗を受け取った。八田英二・日本高野連会長が「甲子園は、皆さんの夢をかなえ、青春の一ページを美しく飾ってくれました」と講評。朝比奈社長は「選手の皆さんが開いた新しい時代が未来に連なると確信しました」とあいさつした。【高瀬浩平】

関連記事

あわせて読みたい