特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

奈良県勢、春夏通算130勝目 智弁学園V

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高松商−智弁学園】優勝を決めたサヨナラ打を放った村上(左端)に駆け寄って喜び合う智弁学園の選手たち=阪神甲子園球場で2016年3月31日、津村豊和撮影 拡大
【高松商−智弁学園】優勝を決めたサヨナラ打を放った村上(左端)に駆け寄って喜び合う智弁学園の選手たち=阪神甲子園球場で2016年3月31日、津村豊和撮影

 第88回選抜高校野球大会は31日、決勝があり、智弁学園(奈良)が延長十一回、2−1で高松商(香川)にサヨナラ勝ちし、春夏通算27回目の出場で初めて甲子園の頂点に立った。奈良県勢のセンバツ優勝は第69回大会(1997年)の天理以来2回目。奈良県勢の春夏通算130勝目となった。第1回大会(24年)の優勝校で、第32回大会(60年)以来56年ぶり3回目の優勝を狙った高松商はあと一歩及ばず。第81回(2009年)の清峰(長崎)以来となる公立校の優勝も逃した。大会を通じたサヨナラ試合は6試合で、2年前の第86回大会と並んで史上最多。センバツが3月中に終わるのは戦後初だった。

関連記事

あわせて読みたい