特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

太鼓で応援盛り上げ 智弁学園アルプス席

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
太鼓をたたくタイミングを合図する万代美京さん(左)=阪神甲子園球場で2016年3月31日、武内彩撮影 拡大
太鼓をたたくタイミングを合図する万代美京さん(左)=阪神甲子園球場で2016年3月31日、武内彩撮影

 第88回選抜高校野球大会の31日、智弁学園の一塁側アルプス席では、息の合った太鼓とブラスバンドが応援を盛り上げた。普段は金管楽器を吹くブラスバンド部の万代美京(みこと)さん(3年)は、太鼓のリズムを調整する裏方に徹した。「優勝してくれて本当にうれしい。やってよかった」と笑顔を見せた。

 ブラスバンド部の演奏と、応援団の太鼓の音がずれることが課題だった。太鼓の音はチアリーダーの動きや観客の掛け声にも影響する。合同練習を重ねるうちに「ずれ過ぎている」と調整役を買って出た。

 太鼓をたたく岩本充弘さん(3年)らの左手首を軽くたたき、タイミングを合図。ブラスバンドのドラムに視線を送り、大歓声に負けないように大声で「速いよ」と注意した。岩本さんは「熱戦になるほど力が入り、たたくスピードが速まる」と話す。

 息の詰まるような投手戦が続き、速くなりがちな太鼓をコントロールして応援に一体感を生み出した。【武内彩、黄在龍】

関連記事

あわせて読みたい