メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生、まさかの転倒 フェルナンデスV

 【ボストン田中義郎】第3日は1日(日本時間2日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は184・61点、合計295・17点で2位に終わり、2014年大会以来の王座奪還はならなかった。

 SP2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が3度の4回転ジャンプで高い評価を得るなどフリー216・41点、合計314・93点で逆転優勝。金博洋(中国)がフリー181・13点、合計270・99点で銅メダル。

 今月に大学へ進学するSP4位の宇野昌磨(中京大)は4回転での転倒もありフリー173・51点、合計2…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです