メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生、まさかの転倒 フェルナンデスV

 【ボストン田中義郎】フィギュアスケートの世界選手権第3日は1日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)上位6人が入る最終グループの中で2番目に登場したSP1位の羽生結弦(ANA)はジャンプでの転倒もあり184・61点、合計295・17点にとどまり、2年連続で2位に終わった。SP2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は3度の4回転ジャンプが高い評価を得るなど216・41点、合計314・93点とし逆転で2季連続2回目の優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです