メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治安田生命

遺伝情報、保険に活用検討 高田史男・北里大教授(遺伝医療政策学)の話

倫理と経済性、バランスを

 現在、企業の遺伝子検査の多くは科学的根拠が不十分で医療現場では使われていない。遺伝子研究が進展すれば、将来は実用化できるだろう。病気のリスクの予測につながるため、保険ビジネスの根幹にかかわるデータとして利用される可能性があり、避けて通れないテーマだ。一方、遺伝子は究極のプラ…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです