メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治安田生命

遺伝情報、保険に活用検討 病気リスクで料金に差も

 大手生保の明治安田生命保険が、人の遺伝子の情報を保険サービスに活用する検討に入ることが1日、分かった。病気の発症リスクを分析し、予防に活用する取り組みなどが想定される。ただ、遺伝子は生涯変わらない究極の個人情報。情報管理や、遺伝子に基づく差別の懸念など倫理的な問題をはらんでおり、同社は専門家も交えて慎重に検討する。早急な法整備も求められそうだ。【土屋渓】

 国内の主要生保で、遺伝情報の活用に本格的に踏み込むことが分かったのは初めて。明治安田生命は1日、最…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです