メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

関係深化演出 南シナ海は溝埋まらず

 【ワシントン西田進一郎】オバマ米大統領と中国の習近平国家主席は3月31日の会談で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する制裁措置の厳格な実施を確認する一方、南シナ海問題ではさや当てを演じた。軍事拠点化を懸念して自制を求める米国と、「当事国の直接的な話し合いによる解決」を主張する中国の溝は深い。対立の先鋭化を避けたい両首脳は「協力できる分野」に焦点を当て関係深化を演出した。

 ホワイトハウスが4月1日に発表した会談内容によると、両首脳は「意見の違いを認め合い、地域や地球規模…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです