メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らがパラダイス

/82 七 丹羽家の危機/4=林真理子 横尾智子・画

 商店街を抜けてすぐ、ひとつ裏通りにさつきの家はある。

 道路に面して二階建ての、一階部分が駐車場になっているのは、昔大工をしていた頃のなごりだ。景気のいい時は人を三、四人使っていたこともある。今、父の貢(みつぐ)は個人タクシーをしている。七十八歳になるから気ままな稼ぎ方だ。幸いなことに、いい得意客が何人かいて、羽田や成田へ行く時は必ず指名してくれる。千葉や埼玉までの指名もあった。

 変わったところでは、有名なスタイリストの女がよく時間で使ってくれた。洋服を借りたり、返しに行くため…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです