メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 日本女子「3枠」なるか 上位2人合計13位以内、来年ギリギリ

 【ボストン(米マサチューセッツ州)田中義郎】フィギュアスケートの世界選手権第2日は31日(日本時間1日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、グレーシー・ゴールド(米国)が76・43点でトップに立った。日本勢は昨年銀メダルの宮原知子(関大)が70・72点で6位となったのが最高で、本郷理華(邦和スポーツランド)は自己最高を更新する69・89点を出し7位。優勝した2014年大会以来の出場となった浅田真央(中京大)はトリプルアクセル(3回転半)などジャンプにミスが出て65・87点で9位にとどまった。

 日本勢は、来年大会も3人の出場枠を維持する条件の「上位2人の順位合計が13以内」にギリギリの状況で…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです